『GODZILLA』をモーっと楽しもう

軍師かんべえ

おかえりなさいませ(*- -)ペコリ
ココでは『GODZILLA』
徹底解析完全ネタバレとなってます。
鑑賞前のお客様はご遠慮下さいませ。

GODZILLA

2014:アメリカ・日本公開
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:アーロン・テイラー、渡辺謙 他

『GODZILLA』を観るなら
U-NEXT 只今31日間無料トライアル

1998年、ローランド・エメリッヒのハリウッド版『GODZILLA』(通称エメ・ゴジ)から16年の時を経てリブート(再起動)され生まれ変わったギャレス・エドワーズ版『GODZILLA』(通称ギャレ・ゴジ)。殆どティラノサウルスだったエメ・ゴジの不安と不満が募る中で心配されたゴジラのフォルムはピザとコーラーの国のアメリカが産んだだけに少々太目ではあるがギャレ・ゴジは我々が思い描くゴジラであった事に…まずは一安心。

往年のゴジラファンからすれば設定は100%納得のいくゴジラとは言えないかもしれないが怪獣映画を中心としたシェアード・ユニバース作品『モンスターバース』として再起動された新GODZILLAとしてみれば私は大満足と思える設定でした(ちなみに私はにわかファンです)。1954年初代ゴジラと同じ設定にしたらしたで『オリジナル性がない』と言ってくるだけに、『アメリカやソ連が行っていた核実験はゴジラを抹殺するため』というのは今後のモンスターバースにとって重要な意味を持ってくる設定だと思います。あくまで本作はモンスターバースの顔見せ的な役割の作品なので連続ドラマの第1話とすればゴジラの活躍もあれぐらいで丁度良かったのではないでしょうか…

本来、映画というものは映画館で鑑賞する仕様で製作されているのでテレビで鑑賞した私が悪いんでしょうが…全体的に暗闇での設定が多いためか映像だけで状況を把握するのが困難だった…という気になる点はあったが最後の放射熱戦はナイトバトルだからこその大迫力だったし…少なくとも私は本作のGODZILLAを観て『にわかGODZILLAファン』に昇格しました。

軍師かんべえ

おそらくゴジラを知らない人ほど本作はハマるのではないでしょうか…初代ゴジラしか観た事がなかったのが幸いしたのかもしれませんね。

GODZILLA登場がエグい

ゴジラの初登場シーンってヤバくないですか?このシーンを観れただけで私は大満足で悔やまれるのはI-MAXで観たかったぁ…( ;∀;)
ビーチで少女の低い目線からゴジラによる上陸の影響で津波が発生する日本人には記憶が蘇ってしまう様な恐怖映像から徐々に上空を見上げるとビルの屋上で兵士が照明弾を打ち上げます。そしてゴジラの皮膚が照明弾により映し出され…兵士が一斉射撃するも全くゴジラには効いていない。MUTOに近づいていくゴジラの足だけが爆炎と共に映し出され…そして足下から徐々にゴジラの顔がアップになったところで咆哮『ガオォォォォォォ!』

軍師かんべえ

ゴジラ登場シーンで『あっ…ゴジラ好きかも…』ってなってしまいました

芹沢博士の今昔物語

初代ゴジラの芹沢大助博士と2014年版GODZILLAの芹沢猪四郎博士だが、両作品に関連性がないため当然ではあるが二人の芹沢も親子や親戚といった血縁関係は設定上はない。しかし2014年版GODZILLA監督のギャレス・エドワーズはジャパニーズ・ゴジラに対しリスペクトされていた事から2014年版GODZILLAでキーパーソンとなる生物学者を芹沢猪四郎と設定。初代ゴジラ『芹沢大助博士』に関しては予備知識編『GODZILLAを100倍楽しもう』で詳しく考察していますので、そちらをご参照ください。

芹沢猪四郎と核爆弾

芹沢猪四郎博士は父の形見である懐中時計を肌身離さず持っている。その時計は1945年8月6日午前8時15分で止まっていた…その時刻が意味するのは広島に原爆が投下された日。父を原爆で亡くしているだけに芹沢博士の核爆弾に対する思いは人一倍強かったのかもしれません。突然現れたMUTOに対し軍はメガトン級の核爆弾の使用を決定するが芹沢は核の使用に反対するも無情にも作戦は決行される。

人間はどこまで愚かな生き物なのか…と芹沢は思ったに違いない。23回の水爆実験ですらGODZILLAを倒す事はできなかったのに放射能を糧とするMUTOに対しても核爆弾で対抗しようとしている。核爆弾を使用した際の予想被害状況が映像に映し出されるが尋常ではない範囲で放射能の影響を受けてしまうのが分かります。もちろん巨大生物に対し核攻撃が効かない…という思いもあるだろうが芹沢博士が『愚か』だと考えたのは『どれだけ地球を破壊すれば気が済むのか?』という想いだったのでしょう。

人間こそが地球を破壊する怪獣

人類は第二次世界大戦後に数々の核実験を行ってきた…その代償として多くの生命が奪われ、環境は破壊され、そして地球は汚染され、いずれは人類でさえ住めない星となってしまうかもしれない。GODZILLAやMUTOといった巨大生物は街を破壊し我々に恐怖を与えたかもしれないが人類は核という兵器で地球を破壊していった…云わば全生命にとって『人類こそが地球を破壊する怪獣』なのかもしれません。初代ゴジラの芹沢大助も2014年版GODZILLAの芹沢猪四郎も訴えていた事は『人間の恐ろしさ』だったのではないでしょうか…

私は二人の芹沢博士は別々のアプローチから『人間の恐ろしさ』を訴えていたと感じました。初代ゴジラの芹沢は偶然にも開発した『オキシジェンデストロイヤー』が政府の手に渡れば水爆に変わる兵器として使用され世界の均衡を崩す事になると恐れていた。結果として芹沢の死と共に『オキシジェンデストロイヤー』も闇に消えた事で脅威は失われたが、もし政府の手に渡ってしまったのなら第3次世界大戦も開戦されていたかもしれません。
2014年版GODZILLAの芹沢は生物学者という立場から核爆弾の使用を反対する事しかできなかった。もちろん軍は聞き入れてくれずに作戦が決行される事になるが、結果としてMUTOにより核爆弾が飲み込まれ…最後の1発だけ太平洋上で爆発という最悪の展開は免れるも、またしても地球に核爆弾が落とされる形となってしまった。

初代芹沢は『阻止』できた…2014年芹沢は『阻止』できなかった…という違いはあるが共に『人類が新兵器を開発したなら使わずにはいられない』という人間の愚かさや怖さを痛感させられました。

軍師かんべえ

広島と長崎に投下された原爆もソ連の参戦により日本が降伏するのでは…と判断した事により投下が決定したという話があります。アメリカは2度の原爆投下を実験と呼んでいたそうです。

ゴジラは人類の救世主?

予備知識編『GODZILLAを100倍楽しもう』でも書いた様にゴジラは“GOD”ZILLA…この世界における『神』という存在と私は認識している。旧約聖書の中でも描かれているように時には『人々の救い』となり、時には『人々への脅威』となるのが神という存在。芹沢博士はGODZILLAを『調和を取り戻すもの』=『神』と語っていた。人々はMUTOを退けたGODZILLAに対し『怪獣王は救世主か?』とラストで称えるシーンがあるが…大きな間違いである。GODZILLAは神であるが救世主ではない…人類が『調和を乱すもの』とGODZILLAが判断しないために私たちが、今世界で何をしなければいけないのか…何を捨てなければいけないのか…を考える必要があるのではないでしょうか

軍師かんべえ

『神』が必ずしも人類に対し『善』という訳ではない…ノアの方舟のように世界を滅ぼす事もするんが『神』です。まさしく調和をもたらすもの…ですね。

総括

私は『初代ゴジラ』は何度も観ていたが、それ以外は『シン・ゴジラ』しか観た事がなかった。蛇足であるが『シン・ゴジラ』が何故?あそこまで評価されいるのかが不思議で仕方がない。それはさておき…本作の評価を観た時に賛否両論がある事は記事を書く前から知っていたのだが…私は『賛』の方に票を入れたい。これは私が怪獣映画に対し『避けていた』というのが原因かと思われます。2014年版GODZILLAを初めてみたのが2020年の12月で既にモンスターバースの3作品目でもある『GODZILLA キング・オブ・モンスターズ』の公開が終了してましたしレンタルDVDも100円で借りれるまで時期が経っていた事から2014年版GODZILLAがモンスターバースの1作品目という認識の下で鑑賞できたというのが『賛』という評価に繋がったのだと思います。確かに皆様が言われている様に肝心の『ゴジラ』の活躍が少なめではあったが『次作で大暴れするんだろうなぁ~』という期待感があったので気にせずに鑑賞できたのが大きかったのかもしれませんね。ただ『賛』に入れたのは『シン・ゴジラ』と違い『人間ドラマ』も描かれていて『反戦・反核』といったテーマもしっかり描かれていました。更に私は今後のシリーズをまだ観ていないので何とも言えないが『ゴジラが人類に対し破壊神となるのか救いの神となるのか…それは人類次第』といったテーマが感じ取られ核保有国にこそ本作をしっかり観て欲しいという気持ちになったのです。今、手元にモンスターバース2作目の『キングコング 髑髏島の巨神』があります。ドキドキ・ワクワクが止まらない…この記事をUPしたら鑑賞したいと思います。もちろん次の記事は『キングコング』になりますので…またお会いしましょう!

U-NEXT 只今31日間無料トライアル

『GODZILLA』を観るなら
U-NEXT 只今31日間無料トライアル

今回も長文失礼いたしました
それでは…

またのお越しをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA