新旧ペット・セメタリー

ペット・セメタリー(1989年)

1989年:アメリカ・日本公開
監督:メアリー・ランバート
脚本・原作:スティーヴン・キング
出演:デイル・ミッドキフ

あらすじ

メイン州の田舎町に家を購入した若い医者のルイス・クリードは妻のレーチェルと娘のエリー、生後間もない息子のゲージ、そして猫のチャーチルを持つ『幸せ一家』。新しく購入した家の庭には山奥に続く細道がある。隣人のジャドによると細道の奥にはペット霊園があるらしい。しばらくして娘のエリーが可愛がっていた猫のチャーチルがトラックに撥ねられ死んでしまう。隣人のジャドは詳しい説明もなくルイスに猫の死体をペット霊園の更なる奥にある丘に埋めるよう案内をすると、翌日の朝、死んだはずのチャーチルが家に帰ってくる。しかしチャーチルは腐臭を発し狂暴化した別の何かだった…

映画『ペット・セメタリー』(1989年)を観るなら
U-NEXT 只今31日間無料トライアル

巨匠スティーヴン・キング

アメリカ・モダンホラーの巨匠スティーヴン・キング。『シャイニング』『IT』『ミザリー』といったホラー作品だけでなく『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』『スタンドバイミー』といったヒューマンドラマや青春ドラマの作品も多く彼の作品の殆どが映画化され世界が認める巨匠作家。

発表を見合わせた『ペット・セメタリー』

長編小説『ペット・セメタリー』は1983年発表ではあるが原稿事態はそれ以前に完成していたが…あまりの恐ろしさに発表が見送られていた。しかし妻の説得で1983年に出版される事になった…という逸話があります。

ペット・セマタリー(上)【電子書籍】[ スティーヴン・キング ]

価格:641円
(2020/9/17 19:35時点)
感想(0件)

ペット・セマタリー(下)【電子書籍】[ スティーヴン・キング ]

価格:581円
(2020/9/17 19:36時点)
感想(0件)

ペット・セメタリー(2020年)

2020年:日本公開
監督:ケビン・コルシュ・デニス・ウィドマイヤー
原作・脚本:スティーヴン・キング
出演:ジェイソン・クラーク

正直に言いますと記事を書いている段階では…まだ観ていません(キッパリ)…というのもコレから鑑賞するんです。1989年バージョンは以前に鑑賞していたのですが復習という意味で昨日 再び鑑賞しました。噂だと2020年バージョンはホラー度が増しているらしい(;´∀`)。ちなみにホラー映画は大好きで多くの作品を観ているのだが、いまだにホラー耐性が付いていない私こと『軍師かんべえ』。果たして今晩は眠れるのか…悪夢にうなされるのか…それでは鑑賞してきます(`・ω・´)ゞ

映画『ペット・セメタリー』(2020年)を観るなら
U-NEXT 只今31日間無料トライアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA